TOP > CATEGORY > 日常のものごと。
TOP

リストマーク 書き留めておきたいこと 

2015年09月25日 ()
本記事はROとは全く無関係になります。
また、あくまでも中の人の主観および個人回顧録であり、
人の生死についての記事であります故、ご容赦願います。
Open↓


昨日、(今この表現が正しいのかはわかりませんが)女優の川島なお美さんが亡くなられたとことを
今朝ネットニュースで知りました。

私にとっては川島なお美さんと言えば
当時小学生低学年だったころ放送されていたお笑いマンガ道場で
車だん吉さんとの絶妙な掛け合いをされている知的な美女、という印象が強く
最近は舞台などに活動を移されていることをほとんど知らないくらいでした。

ただ、それでもやはり小学生のころの刷り込みというのは多大な影響を与えているもので
記事を見た瞬間に大声でオットを呼ぶくらいびっくりしました。

54歳、胆管癌による死去。
あまりの早世に言葉もありません。


それと同時に、夫である鎧塚さんの心境を考えると如何ばかりかとも思います。

本当であれば最も辛く、冷静であることすらままならぬであるだろうに
凛として逝った川島さんを誇りとし、川島さんへの溢れ得ぬ想いと
支えてくれたみなさんへの抱え切れぬ感謝を簡潔な言葉で伝えた姿勢には頭が下がります。

常々川島さんへの想いを口にし、行動として表現していたからこそ
出来たことかもしれません。



大切な人への想いは、気付いた時には届かなくなっています。

自分語りとなってしまいますが、私は6年前に父を亡くしています。
数十年難病と闘い、最後の1週間は自発呼吸さえできず意識がない状態でした。

私は父が入院していた病院から一番近くに住んでいたにもかかわらず
仕事が忙しかったこともあり滅多に見舞いに行くことはなく、
たまたま亡くなる2週間前に行ったときの2人きりだった時に父自身が
「おとうちゃん、もう死ぬかもしれん」とぽつりとつぶやきました。
その時はまた冗談を、と思ったものです。

そのわずか1週間で容体が急変し、さらに1週間で亡くなるとは全く思っていませんでした。

亡くなる数日前に当時の上司から
「1回親父さんの見舞いに行ってこい。ちゃんと思ってることを言ってこないと絶対後悔するから。」
と言われ見舞いに行ったものの、当時付き添っていた母の目が気になり
母が席を外した時に意識のない父の手を握り、また来るから、とそれだけを伝えました。

父が息を引き取ったのはその3日後の朝でした。

運転中にいつもならかかってこない下の兄からの着信があり不安を覚えたものの、
さすがに出るわけにはいかなかったので会社についてかけなおしたら
すでに心肺停止となっているのですぐに向かうようにと。

会社から病院までは実はすごく近かったのですが歩いていくには微妙な距離で、
また時間帯的に通勤時間帯だったため時間がかかったら
ちょうど母と同じタイミングで病院に到着しました。

父の病室に入ったときに見た心マッサージの光景は、きっと一生忘れることはできません。

私たちの到着後もしばらく心マッサージをしてくださっていましたが、結局息を吹き返すことなく
父は永遠の眠りにつきました。

オットにも病院に向かう前には連絡を入れていたもののすぐには病院へ向かうことができておらず、
電話を入れてくれた兄は実家で待機してくれていた(私の家から1時間くらいかかる)ため不在、
上の兄も同県内ではなく生活が不規則な仕事だったため連絡が取れずで
父の死に立ち会ったのは私と母の二人だけでした。
※母は当時父の状態が良くなかったため私の家から付き添いにいっていたのです

私のカバンの中にはいま1枚の写真がいれてあります。
当時仕事が忙しく、たまたま私たち兄妹をどこかへ連れて行ってくれた時に
私がそこの水場に落ちてびしょぬれになった私を受け止めようとしてくれている
病に侵される前のイケメンだったころの父の写真。

亡くなり棺におさめられている父の顔は、しわや白髪は増えていたもののその時と同じ顔でした。
20年、ずっと病と闘っていたうちに薬の副作用で元の顔すらわからなくなるくらいになっていたことが
私はとてもショックだったようです。

亡くなってからの1週間は確か実家にいたはずなのですが、あまり記憶がありません。


亡くなってしばらく後にアルバムを見ているときに、
私が生まれた時の写真に「おとうさんはとびあがって喜んでいました」という文があったことを思い出し
母に訪ねたことがあります。

「事実だよ。本当に飛び上がって喜んでたんだから」とこともなく答えられました。
当時父は36歳。母が30歳で子供ができる微妙な年齢ではあったと思います。
また、女の子を欲しがっていたということもあったようです。


自分がどれだけ想われているか。大切にされていたか。
それは、失ってからじゃないとわからないのかもしれません。


だからこそ、自分が大切な人が誰なのかをきちんと見極めて
その人に少しでも思いが届くよう言葉を発すること、行動することが大事だと思うのです。


実践は容易くなく、幼稚な私にはまだまだ修行が必要なのですが。




川島なお美さんに心よりのご冥福をお祈り申し上げます。
そして、残された鎧塚さんの残りの人生が幸多からんことをお祈り申し上げます。

Close↑

[2015.09.25(Fri) 10:02] 日常のものごと。Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク ちょっとばかり 

2015年07月16日 ()
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[2015.07.16(Thu) 07:37] 日常のものごと。 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 嫌が応にも 

2015年07月15日 ()
こういう自分でも色々と思うところは
あるわけで。
ちょっと仕事の疲れもあるのでたまには
ROとは違うことを。


自分が思うこと、相手が思うこと。
これはいくら近しい人、身内であっても
違ってあたりまえなんですが、
相手が自分の思い通りにならなくて当たり前、という
至極当然のことにすら思い当たらないほど
追い詰められたり、時には頭に血がのぼって
なにをしでかすかわからない人間がいるということは
あるわけです。

だから世の中には理解できない犯罪が蔓延ってるとも。

無論、それがなにをやってもいいということの
免罪符になるわけもありませんし、
そのこと自体を許容するほど人間の出来ている
輩ではないですけれども。

翻って、では自分が知らぬ間にそういうので
加害者となる人間を作らないように
行動出来ている人間か?と問われると
本気で答えに窮します。

私は余りに脆く、特に今は
ギリギリのところで現状維持をはかっているため
余裕がない、自信がない…と言えます。

故に、ある意味物事を少し冷めた目で見ている、
どこか輪に入れない部分もあって
側から見たら「なんだ、コイツ」となっているのを
重々承知しています。


どれほど自分的に理不尽な事象に抗おうとしても
自分の力、特に精神力が及ばなかったりすると
返り討ちにあいかねないのを理解しているので。


少なくとも、いまの自分にとって
何かをする時期ではない。

暫くは諸々消費したエネルギーを溜め込むことに専念すべきか…と
思っています。
[2015.07.15(Wed) 12:24] 日常のものごと。Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 似ていれば似ているほど 

2015年06月07日 ()
RO内ではよく似たもの夫婦扱いされる私たちだが、もちろん喧嘩もする。

原因はたいてい些細なことに私が腹を立てて苛立っていることに
相手も呼応する、という感じなのだけれど。

似ていれば似ているほど元に戻るのが難しかったりする。

そもそもは私のこの相手に対する嫉妬心というか張り合う意識がなければうまくいくのだろうが。

薬でコントロールがきけばよいのだがなかなかに難しい。
自分でコントロールがきかないのが、つらい。
[2015.06.07(Sun) 17:56] 日常のものごと。Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 御蔭参り 

2015年01月27日 ()
何年も行きたい行きたいと思いながら叶わなかった伊勢神宮へのお参りが
やっとこ行って来れました。

夜中に出発して高速をひた走ること数時間…
さすがに日本縦断は疲れます(運転してるのは相方でしたが)
途中のPAでラーメン食べたり、眠気覚ましにお菓子買ったりしてましたが


そして外宮に到着したのは朝5時過ぎ!
…さすがに早すぎてほとんど人がいません(´・ω・`)
真っ暗すぎて周りが見えないよ!
※拝観自体は5時から可能です

しかも玉砂利ってすごい足に負担かかるんですね。
足の悪い私には拷問のようでしたorz
さらに外宮・内宮とも正宮までかなりあるので
地獄と化していました。

2泊3日にしてたんで2日に分ければよかったかなと後悔・・・。


それでもまぁ温泉も堪能、料理はおいしい宿(結構高級)だったので
満足感はある旅でした。

何気に鳥羽水族館も面白かったですしね。


次はどこへ行こうか思案中です。

もっとも、車買うんで貯金使い果たすから
当面いけないけど!orz
[2015.01.27(Tue) 00:00] 日常のものごと。 | Trackback(-) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 謹賀新年 

2015年01月03日 ()
別でブログをやっていましたが
心機一転ということで。

今年の目標は
・夏の健康診断までに10㎏やせる
・役職が一つ上がるように頑張る
・会社で強制されている資格を取る

くらいでしょうか。
2つめとかいろいろなことが去年あったんで
無理そうですけど。
下準備くらいならなんとか、まぁ・・・

とにかく今年は飛躍の年にしたいと思います。
厄は去年もう落とし済みだし!
[2015.01.03(Sat) 16:45] 日常のものごと。 | Trackback(-) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP

プロフィール

コンバタ露店「街のコンバタ屋さん」休業中

優しいリンク先の方々

持ちAB紹介

アクセスランキング参加してます

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンクについて

最新記事

ROコンテンツについて